JRF(Japan RAPTOR Foundation)の活動日誌

jraptorf.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ペレグリンファンドを見学して・・・

先日アメリカに旅行に行った際、
アイダホの「世界猛禽類センター(World Center of Birds of Prey)」を訪問しました。
b0181192_23574675.jpg



ここは、The Peregrine Fundという民間基金による猛禽類保護・飼育のための施設で、
同基金の本部でもあります。


JRFのように、傷病猛禽の救護や治療、保護を行っているのかと思っていましたが、
世界猛禽類センター内では行っていないとのことで

この施設では、一般の人に猛禽類についてより知ってもらえるような展示と、
猛禽類によるショーなどがメインでした。
b0181192_23581655.jpg





でも、ショーで使われる猛禽類は、野生復帰できない個体を用いているようで、
こうした教育プログラムで重要な役割を果たしていましたし、
普段はなかなか見ることが出来ない大型の猛禽類を近くで見られるとことに、
訪れていたファミリーや、年配のカップルなど、みんな興味津々で、楽しそうでした。
b0181192_001995.jpg



こういう、一般の人に知ってもらって興味を持ってもらうための活動も、
保護をサポートしてもらう上で大切なんだろうな~と。
b0181192_005073.jpg


そして、ここの施設には、約100人のボランティアが居るというのも、驚きました。

ギフトショップの店員のおじいさんや、プログラムの説明をする若い男女、禽舎の掃除など・・・
皆ボランティアだそうです。
正式なスタッフは、5名だけで、あとはボランティア。
b0181192_012068.jpg


アメリカは日本よりもボランティアという制度が深く根付いていると聞いたことがあるけど
それを実感しました。

ここでの収入が猛禽類の保護に用いられて、保護を行っている人をサポートしているから
救護、治療、繁殖…と
それぞれが自分の担当の仕事に打ち込める。
役割分担が出来て、うまく運営されているんだな…と思いました。


JRFも人手不足という問題に直面していますし、
こういう風に、自分の仕事に集中できるようなシステムを確立していく努力が
必要なのかなと、
今回のペレグリンファンドを見学して、感じました。
[PR]
by jRAPTORf | 2009-10-05 21:47 | メンバーのつぶやき