JRF(Japan RAPTOR Foundation)の活動日誌

jraptorf.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベントその他( 5 )

見沼田んぼゴミ清掃

5月30日は「ゴミゼロの日」。

この日、さいたま市見沼区の見沼田んぼ周辺でゴミ拾いの清掃活動があるとのことで
Japan Raptor Foundationのメンバーも参加してきました。


このゴミ拾いのボランティアは、産業廃棄物処理会社のショーモン様が
何年も前から行っている活動で、
最近では他の会社の方も協力して行っています。


猛禽類が怪我をしたり、えさが取れなくて衰弱する原因には
環境破壊の問題が大きく関わっています。

自然環境を守ることから、猛禽類の保護活動につなげたい。
そうした思いからショーモン様のほうに清掃活動への参加をお伺いしたところ、
快く受け入れてくださいました。


今年参加したのは、ショーモン様のほか、
パナホーム様、三国コカ・コーラ様、東芝エレベータ様、
医療法人財団新生会のぞみ様、
そしてJRFと、日本猛禽類倶楽部のメンバーの、
総勢約140名。大規模です!
b0181192_8334793.jpg


ビニール袋と金バサミ、軍手を持って、いざ出発!


田んぼ周辺に着くと、あるある。

缶、ビン、ペットボトル、
雑誌、ビニール袋、タバコの吸殻…
b0181192_8342454.jpg

b0181192_2124337.jpg


中にはトタンやらボンベのような、大型の廃棄物も。
b0181192_836440.jpg


みるみるうちに、ビニール袋はいっぱいになっていきます。
b0181192_8362456.jpg

b0181192_21234925.jpg



側溝のゴミも残さず拾います。
だんだん慣れてきて ごみ拾いもヒートアップ。
危うく側溝に落ちそうになりながらもゴミ拾いに燃えます!
b0181192_8425136.jpg

b0181192_843799.jpg

b0181192_21225459.jpg



ゴミをどけると、こんな生き物もいました。
b0181192_8432736.jpg




約2時間の清掃活動でしたが、
なんと!
トラック3台分のゴミが集まりました。

本当にたくさんのゴミが捨てられているんだなあ・・・
と改めてびっくりしました。



捨てる方はきっと、自分ひとりが捨てても大して影響ないだろう
と思って捨てるのでしょうけど
そう思う人が100人、1000人いるのでしょう


一人一人の意識を高めるためにも
会社をあげて行っているというのは、本当に効果的だと思うし
参加された皆さん 元気に 楽しみながら作業されているようで
すばらしいな~ と思いました。

いや、実際 みんなでやるとなかなか楽しかったです。ゴミ拾い。
 


毎年この清掃活動に参加する方は増えているようです
捨てる側でなく 拾う側が一人でも増えていくようになるといいですね。
この田んぼが もっときれいになるように…
b0181192_8442891.jpg



今回参加された会社の皆様から、JRFへの募金もいただきました。
本当にありがとうございました。

猛禽たちと環境について改めて考える機会をいただいたことも感謝です。
ありがとうございました。
[PR]
by jraptorf | 2010-06-02 21:29 | イベントその他

神奈川県 自然環境保全センター見学

先日JRFのメンバーは、神奈川県の自然環境保全センターの見学に行ってきました。

そこで活躍するNPO法人 野生動物救護の会の方々と意見交換し、JRFという施設のことを知っていただくことも、大きな目的の一つでした。

b0181192_1034068.jpg

b0181192_1035693.jpg

保全センターは、神奈川県の施設で、とても立派な施設です。
保全センターの周りには、まだ自然がたくさん残っています。
すぐ後ろには丹沢大山があり たくさんの動物がそこで生活しています。

b0181192_1042596.jpg




実際に保護・治療をしているのは、敷地内にある別の建物の中です。
そこにはたくさんのボランティアの方たちが来て、保護された動物達の世話をしており、真の保護ボランティア員の姿を垣間見たような気がします。
b0181192_105377.jpg
b0181192_1052067.jpg
b0181192_1053363.jpg




野生動物救護の会の方々とも色々とお話して、JRFについても、設立の経緯から順を追って説明させていただき ご理解いただけただろうことは、大きな一歩になったように思います。


神奈川県は、この保全センターの存在が代表しているように、
野生動物保護活動に対しての意識が高いように思います。
野生動物救護活動を行うにあたっては、ボランティアの方々の協力とともに、行政の協力が必要不可欠。
JRFの活動拠点である千葉県や埼玉県も、神奈川県を見本とし、
今後さらに野生動物保護等に対し 積極的に関わっていっていただけると良いなと思います。
更なる協力が得られるよう、我々もがんばっていかなければならないですね。


JRFの今後の課題として、パンフレット製作や里親制度の確立などの新たな目標も見つかり、とても刺激を受けた一日でした。

対応してくださった野生動物救護の会およびセンターの施設の方々、本当にありがとうございました。
[PR]
by jraptorf | 2010-04-12 10:05 | イベントその他

傷病野生鳥獣保護講習会

月曜日は、埼玉県の傷病野生鳥獣保護講習会に参加してきました。

講師は、神奈川県自然環境保全センターの常勤獣医師である加藤先生。

b0181192_23112857.jpg
b0181192_23113771.jpg


傷病野生鳥獣保護の基礎という演題だったので、
一般的に救護される野生鳥獣(スズメやヒヨドリ、タヌキなど)について
ヒナの見分け方、エサの与え方、運搬の仕方などのお話がメインでしたが
猛禽類についての話もありました。

自然環境保全センターでは、センターの動物の世話は
NPO法人 野生動物救護の会のボランティアさんが主に行っているようで
猛禽類のリハビリも、センターの職員ではなく、
ボランティアで鷹匠の専門知識を持っている方が中心となって行っているとのことでした。

b0181192_23123081.jpg


野生動物救護の会のホームページを見ていたら「Mプロジェクト」という
猛禽類のリハビリを行うプロジェクトも展開しているようですね。


保全センターにボランティアさんが来るのは、365日中347日。
一日平均4.2人(年間活動人数1530人!)のボランティアがセンターを訪れ、動物たちの世話をしているのだとか。

野生傷病鳥獣ボランティアの制度が浸透しており、機能しているのですね('o')
そして、何より、保全センターで行われている野生動物救護が、ボランティアの方たちに認められているからだと思います。

JRFも、保全センターのように、ボランティアの方が集まるような 魅力ある施設になっていくといいな、
そして神奈川県を見本に、埼玉県やその他の県でも、
野生動物ボランティアがより力を発揮できるような施設や制度が構築されていくといいな・・・
と思いました。
[PR]
by jraptorf | 2010-02-17 23:18 | イベントその他

ハヤブサ・タカのフライトショー~猛禽類と自然のしくみを学ぼう!~

先週土曜は、江戸川区宇喜田公園で「ハヤブサ・タカのフライトショー~猛禽類と自然のしくみを学ぼう~」が行われました。

JRFのメンバーも、保護された傷病鳥と一緒に参加させて頂きました。

天気も良く、大勢の方が集まってくださいました。

b0181192_19585657.jpg

ハリスホーク、トビ、オオタカ、アメリカチョウゲンボウ、ハヤブサ、フクロウ・・・
普段なかなか見ることの出来ない猛禽類に、ギャラリーの皆さんも興味津々の様子。


フライトショーがはじまり、会場はいっそう盛り上がりを見せます。

b0181192_19592961.jpg


ハリスホークは多くの観客にも動じることなく、悠々と飛んでくれました。


JRFで保護している野生のオオタカも、フライトを披露。
神経質なこともあり、大勢の前ではやはり飛ぶまでに時間がかかりましたが、
短い距離ながらもちゃんと飛んでくれました。
b0181192_2002276.jpg



猛禽類や自然について、楽しみながら学んでもらうことが今回の趣旨。

フライトの合間にはクイズも行われました。

「トビが人間の食べ物をさらうことが多くなったのはどうしてでしょう?」

「オオタカが民家の近くで目撃されることが多くなったのはどうしてでしょう?」

はい!はい!と 元気よく手があがります。
b0181192_2012245.jpg

b0181192_2013780.jpg


ハヤブサは、スピードと共に美しいフライトを披露。

ダブルルアーによるフライト、カイトを使ったフライトなど、めずらしい訓練方法も交えたフライトを行いました。

(指が映ってしまい+横画像で見づらいですが カイトにアタックするハヤブサです)

質問コーナーでは、
「鷹匠になって大変だったことはどんなことですか?」
「シロフクロウは真っ白で、野生の中に居たら目立ってしまって敵に襲われてしまうのでは?」

などなど、ざっくばらんな質疑応答がおこなわれました。

大人の方からは、「餌は一日どのくらい?」「グローブは幾らくらいするんですか?」といった質問も。
鷹匠になりたい方、意外に多いのかもしれませんね(^^;
b0181192_2091037.jpg


鷹匠体験では、3人の方にハリスホークの振り替えを体験していただきました。
b0181192_20122232.jpg

b0181192_1162490.jpg

良い表情ですね!


最後の写真撮影では、それぞれの猛禽類のまわりに多くの人だかりが。
アメリカチョウゲンボウは、そのかわいい外見から、女性に特に大人気。
b0181192_2013070.jpg

b0181192_20131444.jpg


自然動物園で飼育されているシロフクロウも、たくさんの人に囲まれていました。
b0181192_20135068.jpg


猛禽類が直面している問題やJRFという団体のことを 楽しみながら、すこし知ってもらえたかな・・・ 

b0181192_2014486.jpg

b0181192_20143457.jpg
b0181192_20144239.jpg

[PR]
by jraptorf | 2009-12-23 11:16 | イベントその他

12月19日は「タカ・ハヤブサのフライトショー」

今週末の12/19(土)、江戸川区の都立宇喜田公園スポーツ広場にて
「ハヤブサ・タカのフライトショー~猛禽類と自然のしくみを学ぼう!~ 」が開催されます。

b0181192_228037.jpg

このフライトショーには JRFのメンバーと保護されている猛禽類も参加します!

b0181192_2282872.jpg

b0181192_2284773.jpg


ハヤブサ、タカ、フクロウなど様々な猛禽類のフライトを間近で見ることができます。
自然保護の重要性や自然環境について楽しく学びましょう!


日時 平成21年12月19日(土曜日) 午後1時から
場所 都立宇喜多公園(スポーツ広場)北葛西3丁目4番(行船公園となり)
参加料 無料
出演 自然教育フライング・ホーク・チーム
•記念撮影の時間があります(カメラはご持参ください)
•登場する鳥は、変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
•雨天・強風の場合は中止となります。
主催 財団法人 江戸川区環境促進事業団 自然動物園
<お問い合わせ>
 行船公園サービスセンター(自然動物園)
 電話:03-3680-0777


【参考までに…】
「鷹匠による「ハヤブサ・タカのフライトショー」【12月28日】
(たぶん2008年のフライトショーの記事です。フライトショーの様子等がわかります)


c0132048_22234614.jpg

c0132048_2224925.jpg



(写真等:江戸川区ホームページより)

[PR]
by jraptorf | 2009-12-16 22:04 | イベントその他